サーバーサイドの処理が不要でサーバ連携できるサービスParseとAndroidアプリを連携してみた。

どうも最近肩の痛みとお腹の痛みで悩まされているアフィーです。

さて今回は今話題のBaaSサービスの一つであるParseを利用し

Androidのアプリのサーバー連携を超簡単にやってしまいます。

これから行うサーバー連携とは以下のとおりです。

1.Parseを利用してサーバーを立ち上げる

2. 1のサーバーに対してAndroidアプリから文字列をPostする。

※今回はPostに限定させていただきました。

さてParseとは知らない方も多いと思うので軽くここで説明したいと思います。

ParseとはBaaSサービスの一部で、クライアントがサーバーサイドの処理を書かなくても

サーバー系の処理を行ってくれるサービスです。つまりPostやGetなどの処理を

サーバーサイドの知識がなくともできるというわけです。

クライアントの開発に集中できるので、無駄な時間を使わなくても済むのです。。。

こちらに詳しく掲載されております。

Facebookの傘の下に入ったParseが初のデベロッパカンファレンスを開催


さて早速ParseとAndroidアプリの連携にチャレンジしてみましょう。

Parse側の処理

1.まずは公式ページにGo!!!

Parse


そして

2.Try it for free をクリック


3.ささっとログインを行いましょう。
Facebookの傘下なだけにログインが楽!


4.初回画面だと以下のものが出てきます。
好きな名前をいれましょう。
今回は[AndroidParseSample]としました。
5.QuickStartをクリック
6.いろいろな選択欄がでてきます。
今回はもちろんAndroidを選択
※重要
今回はNewProjectを選択
他にもiOSやWindows8などがあるみたいです。




7.そして中央付近にあるDownload The SDKをクリック
 
んんん!?まさか? そうそのまさかです。
Parseさんが勝手に必要な情報が入ったEclipseのプロジェクトファイルを
作成してくれたというわけです。

う〜んとっても簡単!!!
素晴らしい!

とりあえずParseのおおまかな処理はここまでです!

おっと、まだそのページを閉じちゃいけませんよ!
Eclipse側の処理とかの説明の確認と
テストボタンを押してきちんと動作されているか確認をとってからですよ〜

クライアント側の処理

Eclipseを起動

1,File → New → Other → Android Project from Existing Codeをクリック

2.先ほどダウンロードして解答したプロジェクトファイルを選択しインポート

3.ParseApplication.javaを開く

package com.parse.starter;

import com.parse.Parse;
import com.parse.ParseACL;

import com.parse.ParseUser;

import android.app.Application;

public class ParseApplication extends Application {

 @Override
 public void onCreate() {
  super.onCreate();

  // Add your initialization code here
  Parse.initialize(this, YOUR_APPLICATION_ID, YOUR_CLIENT_KEY);


  ParseUser.enableAutomaticUser();
  ParseACL defaultACL = new ParseACL();
     
  // If you would like all objects to be private by default, remove this line.
  defaultACL.setPublicReadAccess(true);
  
  ParseACL.setDefaultACL(defaultACL, true);
 }

}
赤線が引かれているところがある、ココに必要なKeyを入れる Keyは先ほど最後に開いたページに記載されているので 参照しながらコピペしましょう。
丁寧にonCreateの説明からはいっている。 なんて親切なんだParse

4.注意 本家のページ()には掲載されておりませんがAndroidManifestに以下の処理も 加えてください。


5. そしていよいよデバック開始です!今回は新型Nexus7へ入れてみました!
※端末のWifi設定よりインターネットを使えるようにしておいてください。
とりあえず問題なく以下の画面のようになれば、とりあえず成功です。



6.このままではデータをPostする処理を書いていないので
onCreateメソッドの最下部あたりに以下の処理を書いてください。

ParseObject testObject = new ParseObject("TestObject");//ParseObjectはimportしてください

testObject.put("Name", "AndroidParseSample");//これがPostされるデータ、もちろんtestObject.putを増やせばPostするものを増やせる。
testObject.saveInBackground();


先ほどParseのページに戻ってください。
そしてTestをクリック
Got data! You saved your first object:
となれば成功です。
さっそくPostされた値をみてみましょう。

1.サイト内のDashboardのページを開いてください。

2.DataBrowserを開いてください。

すると、見事にPostされたデータが入っていました!


以上で今回のParseの利用したサーバー連携の実験は終了です。

今回紹介させていただきましたParseですがこれ以外にも

様々なサービスが公開されております。

どれも魅力的で、あれもこれも使ってみたいです(笑)

クライアント側の開発をじっくり行うことができそうです。

参考URL:Parse

コメント

このブログの人気の投稿

[初心者向け]AndroidStudioで地図アプリを作ってみよう![2015年8月最新]

GeoFencing (サンプルコード)

[最新]AndroidStudioでFacebook連携アプリを作ろう[文字投稿&写真投稿]