libGDX奮闘記★Log(ログ)の取り方。


libGDXの開発でLogの取り方を紹介したいと思います。

基本的にLogを取りたい場所で以下の様な書き方をすればOKです!

  
  @Override
    public void create() {
    Gdx.app.setLogLevel(Application.LOG_NONE);   
         Gdx.app.log("MyTag", "Creat passed");
         Gdx.app.error("MyTag", "my error message", exception);
         Gdx.app.debug("MyTag", "my debug message");
    }




ちょっと解説

setLogLevel ではログの出力レベルを指定することができます。
レベルの一覧は以下の通りです。
  • Application.LOG_NONE: ミュート全てのロギン​​グ
  • Application.LOG_DEBUG: すべてのメッセージをログに記録します。
  • Application.LOG_ERROR: エラーログメッセージのみ。
  • Application.LOG_INFO: エラーログと通常のメッセージ。             
※ログの出力レベルは必須ではありません。

実際にログを取る部分は
     Gdx.app.log("MyTag", "Creat passed");
         Gdx.app.error("MyTag", "my error message", exception);
         Gdx.app.debug("MyTag", "my debug message");

3行全て各必要はありません。
必要に応じて使い分けてください。

例えば

 Gdx.app.log("Create method", "passed");

だけでもログはとれます。

int や doubleなどString型以外の変数のログを取りたい場合は、

String.valueOf()メソッドで文字に型変換させるか、

 int value = 30;
 Gdx.app.log("Create method", ""+value);

の様に、""+変数で文字列にしてください。

あとがき
ログって重要ですよねぇ。
私は新しいプログラミング言語やフレームワークを、
使う時はまずログの取り方を覚えます(^^)

コメント

このブログの人気の投稿

[初心者向け]AndroidStudioで地図アプリを作ってみよう![2015年8月最新]

GeoFencing (サンプルコード)

[最新]AndroidStudioでFacebook連携アプリを作ろう[文字投稿&写真投稿]