プログラミング初心者必見。プログラミングを挫折せず進める方法〜オススメの言語。

今日はプログラミングを始めようとしている人や初心者の方にプログラミングを
効率良く学ぶ方法を伝授します。

あくまで私個人の見解で以下の構成で書きます。

  1. プログラミングが挫折しそう、どうしよう。
  2. 初心者にオススメの言語は?
  3. 初心者から脱出しプログラミングが楽しくなる5つの方法。


1.プログラミングが挫折しそう、どうしよう。

プログラミングは昔と比較すると学ぶハードルがとても低くなりました。PCとネットワーク環境さえあれば誰でも簡単に始めることが出来ます。

そんなプログラミングですが、大体の人が2歩ぐらいのところで挫折してしまいます。

「分からないところが分からない。」

言葉通りです。
プログラミング初心者の方は、この捨て台詞とともにプログラミング止めてしまう方が多いです。

そんなのもったない!

どうすれば良いか単刀直入に言います。

「いいからつべこべ言わずコードを書き続けろ!」

なんか体育会系みたいなセリフをはいてしまいましたね(笑)

分からない箇所を見つけるには、とにかく書き続けるしかないです。

簡単な内容でいいです。極端な話を言うと、文字を表示させるといった基本的なプログラムを書き続けても問題ありません。簡単でもいいのでコードを書き続けるのがコツです。

コードを書き続けることで、分からないことや壁が見つかるものです。

しかしこの解説だけではあまりにも大雑把なので、こういうセリフを言ってしまいがちな人の特徴と解決方法を書きます。
  • そもそも参考にしている本が難し過ぎる
    • どんな本にもレベルや向き不向きが存在します。かならず本屋で自分に合った書籍を選びましょう。
  • 前半はスイスイと進んだのに、後半がチンプンカンプン
    • よくある事だと思います。私もJavaを学んだ時、後半の進み具合がとても遅かったです。もし後半が進まない場合は、ひたすら前半のコードを書き続けましょう。書かないよりは書いた方がいいです。
  • プログラミング言語の選択を誤っている。
    • 下記に詳しく記します。

2.初心者にオススメなプログラミング言語は??

プログラミングを始めようと思っている人は最初の言語選択を誤る人が多いです。

プログラミングを始める上で一番重要なことは

何の言語を学びたいかではなく、何を作りたいかです。

こちらがブレるとモチベーションが保てません。

最近流行りのプログラミング(作るもの)を以下に記しますので、参考にしてください。

・iPhoneアプリを作りたい!
[必要なものやソフト]
・Macのパソコン
・Xcode
[使用言語]
・swift
※これから学ぶならobjective-Cよりswiftがオススメです。

・Androidアプリを作りたい!
[必要なものやソフト]
・Android Studio
[使用言語]
・Java
・XML
※XMLは特別本を買わなくても覚えられます。

・WebアプリやWebサイトを作りたい
[必要なものやソフト]
・Webブラウザ
・Mamp あると便利
[使用言語]
・HTML5
・CSS3
・JavaScript
・PHP
・MySQL
※画像やテキストをただ貼り付けるだけなら、HTML5だけでもいけます。

・ゲームを作りたい
[おすすめソフト]
・Unitiy
[使用言語]
・C#,JavaScript,Boo(Python)のいずれか

・上記以外のもの
既に知っているあなたは、もう何をすればいいか分かっているはずです。
さぁ迷わず突き進みましょう!!

3.初心者から一気に脱出しプログラミングが楽しくなる5つの方法。

下記の5つの方法で、初心者から中級者へレベルアップしてください。

・パソコンはケチらず良いものを買う。
パフォーマンスが悪いとモチベーションが下がります。
パフォーマンスが下がったらパソコンを初期化するか、新しいパソコンを買いましょう。

・簡単な内容の本を買う
後半につれて内容が難しくなったら戻ってください。

・とにかくコードを書き続ける
簡単なコードで構わないです。

・一緒にはじめた人と比較しない。
一緒にはじめた人がいると自分が遅かったり早かったりします。
誰かと比較して落ち込むぐらいなら、簡単なコードを書き続けてください。
必ずどこかで追いつきます。そして何より大事なのは誰かに勝つことではなく
作りたいもの完成させることです。

・終わらせろ!
モバイルアプリならストアにリリース、Webアプリならサーバーに上げて公開。
ただ作っただけではダメです。必ず成果物を公開して終わらせてください。
そうすることで達成感が生まれ、次の作りたいものへと進むことができます。
また公開することで他人からフィードバックを頂き、改善することで作ったものが
より良いものになっていきます。
100%のものを作る必要はありません。最も重要な1%を作り、残りの99%はフィードバックをもらいながらみんなで創りあげましょう(^^)

以上の5つを駆使し、世界で活躍するプログラマーを目指してください(^^)
私もこの方法で日々精進しています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

このブログの人気の投稿

[初心者向け]AndroidStudioで地図アプリを作ってみよう![2015年8月最新]

GeoFencing (サンプルコード)

[最新]AndroidStudioでFacebook連携アプリを作ろう[文字投稿&写真投稿]