自動で良い感じの色を抽出してくれるPalette Library がすごい! Android Support Library


















PaletteはBitmapから色を検知し、アプリのUIに合う最適の色を抽出してくれるライブラリです。


Paletteで取得できる色の種類は以下の6つ。

  1. Vibrant
  2. Vibrant Dark
  3. Vibrant Light
  4. Muted
  5. Muted Dark
  6. Muted Light

準備:
build.gradleのdependencies {}の中に以下の記述を書こう。

dependencies {
    compile 'com.android.support:palette-v7:23.0.0'}

あとは以下のPaletteのコードを好きなところに書くだけ。

今回は一番分かりやすいonCreateの中に書きました。



@Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        Bitmap bitmap = BitmapFactory.decodeResource(getResources(),R.mipmap.ic_launcher);

        Palette.from(bitmap).generate(new Palette.PaletteAsyncListener() {

            public void onGenerated(Palette palette) {

                //Vibrant
                palette.getVibrantColor(Color.WHITE);

                //Vibrant Dark
                palette.getDarkVibrantColor(Color.WHITE);

                //Vibrant Light
                palette.getLightVibrantColor(Color.WHITE);

                //Muted
                palette.getMutedColor(Color.WHITE);

                //Muted Dark
                palette.getDarkMutedColor(Color.WHITE);

                //Muted Light
                palette.getLightMutedColor(Color.WHITE);

            }
        });
    }



注意!!
色々なサイトで.generateAsync()などを使っている例がありますが、現在は非推奨(deprecated)になっているので注意が必要です。


コメント

このブログの人気の投稿

[初心者向け]AndroidStudioで地図アプリを作ってみよう![2015年8月最新]

GeoFencing (サンプルコード)

[最新]AndroidStudioでFacebook連携アプリを作ろう[文字投稿&写真投稿]